Vラインの永久脱毛のオススメはここ

ビキニラインの永久脱毛は痛みが少ない方法が人気です。レーザーだと効果が高いですが、費用も高いです。一方光脱毛採用のエステは光脱毛で、効果も緩やかですが費用が安いのがメリットです。

 

要らないビキニラインのムダ毛の脱毛をしてくれる病院やエステは数が限られますので、VIO脱毛コースがあるところは貴重です。
自分に希望する永久脱毛をしてくれるところを比較して決めるのがオススメです。着たい水着、服が自由に着れるようになります。

 

 

≫≫Vライン脱毛の人気クリニックはこちら


Vラインの脱毛おすすめクリニック、エステ

キレイモ 光脱毛

背中脱毛

 

月額制の全身脱毛専用のサロンですが、コスパが良く通いやすさで人気が急上昇中のサロンです。Vラインはもちろん、Iライン、Oラインの脱毛もきちんと含まれているので安心。デリケートゾーン以外の脱毛をしたいならねらい目です。美肌脱毛、美白脱毛などたんなる脱毛に終わらないきれいになる脱毛施術をしてくれます。顔の脱毛はフォトフェイシャルに切り替えることもできて、便利なコースで好評です。

 

 

脱毛ラボ 光脱毛

【期間限定キャンペーン】

全身脱毛コスパが抜群!

脱毛ラボは格安な定額制で人気が高い脱毛専門サロンです。光脱毛で痛みが少なく気軽に利用できます。Vライン脱毛は3つの方法があります。
@全身脱毛のコースの中にVライン脱毛があるので、他の箇所もしたいという時にコスパが高いので人気です。
A都度払いの単発コースでもビキニラインの脱毛は1回から利用できます。Bただ、コースのほうがお得度がアップします。VIO脱毛6回パックだと20%OFFになり、他のサロンよりも割安になります。2年間保証でいつでも6回脱毛できるので自分のペースで進められます。

 

 

 

ミュゼ・プラチナム 光脱毛

ミュゼ

 

お手頃価格でVライン脱毛できます!

@Vライン脱毛完了コースがあり、Vラインだけを脱毛したいという女性におすすめです。回数無制限なので、きちんと脱毛できるまで通えるのがとても便利です。また、AAハイジニーナ7コースもあり、VIOまとめて脱毛したいという時はさらにお得になります。
ミュゼは全国に180店舗以上あり、脱毛がどこでもできるので、非常に女性に人気です。料金も表示以上のものはかからないので、良心的なサロンです。
エリアによっては混雑していますが、店舗が多いので上手くすいているところへ振り分けてもらうこともできるので、ここにお任せしてしまうのもラクチンです。
WEB予約限定割引でいろいろな特典がついていてお得です。

 

 

銀座カラー

 

銀座カラー 脱毛キャンペーン

全身脱毛コースの中にVライン脱毛も入っています。Vラインの範囲はやや狭いので、軽くVIO脱毛をしたいという女性におススメです。アフターケアにこだわったサロンで、オリジナルのミスト化粧水はハーブ由来で本格的なもの。美肌になる脱毛メニューは定評がある実力派の脱毛エステです。

 

 

ディオーネ

 

肌が弱い女性でも脱毛できる、ハイパースキン脱毛が話題です。敏感肌でも子供でも安心して施術できるという点が画期的。低温で肌に照射するので、低刺激で脱毛ができます。ひんやりジェルも使わず、快適に脱毛ができます。通う回数も期間も短いという点もメリットです。
VIOキャンペーンでお得に体験できます。

 

 

 

エステティックTBC 光脱毛

終わりのある脱毛【Vライン訴求】

 

Vライン脱毛体験が1000円

TBCは全国に160店以上あり、どこのエリアでも利用できるので女性に人気のサロンです。Vラインを格安で体験できる貴重なサロンです。TBCはただの光脱毛ではなく、さらに脱毛効果の高いオリジナルの美容脱毛を採用しています。確実にムダ毛をなくしたい、という女性に定評があります。
アフターケアもきちんとこだわりのアフターケアをしてくれるのも老舗エステならでは。質の高い脱毛をしたいという女性の方におススメです。

 

 

レーザー脱毛人気クリニック

アリシアクリニック
アリシアクリニック
池袋、新宿、銀座、原宿、横浜
レーザー脱毛できちんと永久脱毛したい女性に人気です。全身脱毛のコースがいろいろと用意されていて、VIOもセットになっています。レーザーは回数が少なくて脱毛が終了するので、VIOだけでなく他の箇所も脱毛したいという時にも便利です。清潔感ある院内で、快適に脱毛できるので女性にも高評価です。都内近辺に5院しかありませんが、通えるかたならオススメのクリニックです。

アリシアクリニック 詳細はこちら

SBC根こそぎレーザー脱毛3400円
湘南美容外科クリニック 
全国22院
Vラインのレーザー脱毛が格安でできるので人気が高い病院です。全国に病院があり利用したすいのもメリットです。ビキニラインの脱毛は1回から9回のコースまであります。ハイジニーナ(VIO)の3箇所まとめて脱毛する場合は無制限コースもあり、かなりお得に永久脱毛できます。自分のペースに合わせてコースを選べるし、分割払いや割引もあり、実際利用すると使いやすいです。予約が取りにくい人気クリニックです。

湘南美容外科クリニックの脱毛はこちら

 

ハイジニーナ専門サロン
ピュッベッロも老舗のサロンとして有名です。

Vライン脱毛ではどんな形が人気なの?

Vライン脱毛では自分で形を選ぶことができます。ある意味水着や私生活のなかで見られることも想定した箇所なので、いろいろな形がサロン側でも用意しています。
人気順では
逆三角形型、長方形型、卵型
ハート型、スクエア型(台形)、U型、星型
という形を選ぶ女性が多いです。ただ、クリニックやサロンごとに細かな形の指定は対応していないというところも多いので、契約前にこの点をきちんと確認しておきましょう。

 

残したい箇所は初めに伝えておくと安心です。はみ出ないように最小限だけでいい、整えたいだけならセルフ脱毛でもOKです。全部を無くさないで、デザインにこだわるという時は初めに相談しておきましょう。

 

大好きな彼氏に変な毛は見せられない・・・という時はVIOラインまとめて脱毛するのもいいでしょう。

 

 

 

デリケートゾーンの脱毛はしたほうがいい?

Vラインだけでなく、Iライン、Oラインなど、直接排出に関係する部位です。また、そこまでだらしなくしている女性は少ないとは思いますが、Vラインも汗がたまりがちで、すぐに不潔になってしまう部位です。

 

ハイジニーナの部位が、衛生にかかわることはすぐに気が付くでしょう。が、脱毛となるとどうでしょうか。

 

そもそも「Vラインはともかく、IラインやOラインにムダ毛は生えているの?と思う人も多いでしょう。

 

しかし、このハイジニーナエリアにも生えています。じっくり見ることがないので、気が付かないだけです。ムダ毛には雑菌もわけば、悪臭の原因にもなります。。ハイジニーナ脱毛をしておけば、雑菌が寄り付くところがなくなるわけです。

 

もちろん、ファッションの上でもハイジニーナ脱毛は必要です。

 

特に水着姿。もし、この部分の脱毛が済んでいなければ、ちょっと大胆なデザインのもので、気に入ったものを見つけても、「ムダ毛がはみ出したらどうしよう」なんて考えてしまうでしょう。なかには、「水着姿の時だけ、きちんと処理すればいいこと」と考える人もいるでしょう。が、IラインやOラインは粘膜に近い皮膚です。また、Vラインのムダ毛は太くて、毛根もしっかりしています。

 

自分でカミソリなどで処理すると、お肌を荒らしてしまう可能性も高いのです。いくらムダ毛の姿が見えなくても、カミソリ負けしたり、赤く穴の開いた毛穴がポツポツと見えるようなら、露出度の高い水着は着られません。そういった事情もあって、欧米のセレブや有名女優の間では、ハイジニーナ脱毛やもはや常識になっているのです。

 

 

どれくらい脱毛サロンに通えばvライン脱毛が完了する?量をどれくらい減らしたいかで決まります。

脱毛サロンでVラインの処理をしてもらう場合はどのくらい通えば完了するものなのか確認してみましょう。

 

まず確認していただきたいのが、脱毛サロンの場合は一回の施術だけでは脱毛処理が完了しないということです。
脱毛サロンでは光脱毛(フラッシュ・IPL)と呼ばれる脱毛方法を採用している店舗がほとんどです。

 

毛根組織に反応する特殊な光を照射することによって組織を破壊して自然に抜け落ちる仕組みになっています。
しばらく経つとまた毛が再生してくるので何度か施術を繰り返すことによって次第に毛が再生しなくなるのです。
このように毛周期と呼ばれる毛の生え変わりのサイクルに合わせて複数回施術を行う必要があるのです。

 

Vラインの毛の場合は毛周期が3〜4ヶ月くらいと言われていますので、このタイミングに合わせて施術を行う必要があります。
もちろんこの周期は人によって異なりますのでもう少し早くなる可能性もあります。
元々どのくらい毛が生えていたのかにもよりますが、平均すると最低でも6回は施術を行うことで満足のいく仕上がりになると言われています。
このようなことからVラインの脱毛が完了するまでには1〜2年くらいの期間が必要ということになります。

 

ただ、剛毛の方や毛質が太い、濃いという場合はもっと回数が必要になることも。オーバー分の料金がどれくらいかかるかは各エステ、クリニックで変わります。

 

一度満足のいく結果になっても数年経つとまた毛が生えてくるということも考えられます。
そのため脱毛サロンでも永久的に何度でも施術を行うことができるというプランを用意している場合もありますので、通常プランと合わせてご検討ください。

 

なかなか抜けないという場合は、毛質が濃いケースです。効果が得られないという場合でも、焦らず回数を重ねることが大切です。
薄着のシーズンになる前に済ませたいという時は秋冬から通い始めるのがおすすめです。混雑している春夏よりもすぐ脱毛を始めたいという女性も多いです。
予約が取れないという時は複数の店舗から選択できる大手サロンが便利です。

 

vラインの永久脱毛はメリットがたくさん

夏場になると水着を着る機会も増えてくると思いますが、そこで気になるのがVラインの脱毛処理ですよね。
脇の脱毛に次いで、希望する女性が多く、夏場には急に気になりだすところでもあります。

 

Vラインを毛抜きやカミソリを使った自己処理で脱毛すると、
色素沈着が起きてVラインが黒ずんでくることがありますね。

 

また、下着や毛が肌に擦れて黒ずみを作ってしまうこともあります。

 

これ以外にも、肌が乾燥することで肌のダメージを受けやすくなりますので、
フェイスケアをするのと同じようにVラインにも保湿をするようにしましょう。

 

実は、Vラインを保湿することで色素沈着は防ぐことができるのです。
Vラインを永久脱毛するには、エステサロンなどで行うと、
肌にダメージを与えたり色素沈着を起こしたりする肌トラブルを防ぐことができます。

 

永久脱毛をする脱毛機によっては、家庭用とは違い美肌効果がある機種もあるので一石二鳥です。

 

また、Vラインの永久脱毛を行うことで、
色素沈着を改善する効果がある機種もありますので、
脱毛サロンでのカウンセリングの際に聞いてみると良いでしょう。

 

Vラインの永久脱毛は、主に、ニードル脱毛といって、
毛抜きのようなもので一本一本確実に抜いていく方法で行われます。

 

この方法で、毛穴から毛が生えてこないようにして、Vラインの永久脱毛が行われています。
Vラインのニードル脱毛は、高い技術が必要なので、
それを使うスタッフも当然、技術力が高いようですので安心です。

 

美容クリニックや脱毛サロンで、自己処理よりも安全な方法で
安心してVラインの脱毛をしてもらうと良いですよ。

 

ムダ毛のことを考えないでよくなるし、剃らないでいいので、とても楽ちんです。
ムダ毛処理は面倒ですが、特にアンダーヘア処理は細心の注意が必要な個所です。

 

 

 

永久脱毛で失敗することってある?

脱毛はいくら以前より安くなったとは言え、そこそこの金額がかかります。全身脱毛ともなると、ウン十万円します。

 

また、時間がばかになりません。脱毛部位にもよりますが、2か月か3か月に一度。それを1年や2年続けます。しっかりとした脱毛効果を得たいでしょう。が、率は低いものの、実は失敗することがあります。これは承知の上で脱毛施術を受けるかどうかを考える必要があります。

 

以下は特に「光脱毛」を選んだ場合の話です。脱毛サロンではほかに「ニードル脱毛」をやっているところもあります。が、ごく少数ですから。

 

まず、最もショッキングな失敗は、「施術を受ける前よりも、ムダ毛が濃くなる」ではないでしょうか。光脱毛の光照射が、むしろ毛母細胞を刺激してしまうのです。特に産毛のように薄いムダ毛の場合に起こりやすいようです。

 

また、「ムラ打ち」になる場合もあります。「ムラ」とは「斑(まらだ)」のことです。脱毛範囲の中に、効果を発揮しきれずに、ムダ毛が再生する部位が出てくるのです。

 

また、これは特に失敗とは言えないかもしれません。が、施術を受けた人の期待はずれになるのが、「数年後にムダ毛が再生してしまう」です。

 

光脱毛は「永久脱毛」が保証されていません。脱毛サロンの方でも、この表現は避けているはずです。こういった時に備えて、「何年後でも再施術を保証します」というサロンも出てきています。が、その時にそのサロンが継続しているかどうかはわかりません。

 

光脱毛は値段も安く、お肌への負担も少ない脱毛方法です。が、こういった可能性の分は割り引いて考える必要があります。

 

≫≫Vライン脱毛の人気クリニックはこちら

 

≫≫Vライン脱毛の人気のエステサロンはこちら

 

vライン脱毛の痛みについて

Vライン脱毛をエステサロンで行う場合はどのくらい痛みを感じるものなのでしょうか。心配な人が一番多いのがこの点です。

 

昔の脱毛方法というと電気針脱毛と呼ばれるもので、毛穴に針を入れて電流を流すことで処理するためにかなり激痛を伴うものでした。
あまりの痛さに逃げ出してしまう人もいたほどだったそうです。

 

現在脱毛サロンで採用している脱毛方法は光脱毛と呼ばれるものが主流となっています。特殊な光を一瞬照射するだけなので基本的にはあまり強い痛みを感じないと言われています。
ただVラインについては皮膚が薄い部分でもあるため、他の部位よりは若干痛みを感じやすいかと思います。

 

他の部位であればピリッと感じる程度でも、Vラインの場合は輪ゴムで弾いたくらいの痛みを感じる場合もあります。
痛みの感じ方は個人差がありますので一概には言えませんが、我慢できないくらい強い痛みを感じるというものではありませんのでご安心ください。

 

それでもどうしても痛みに弱いので恐怖を感じてしまう…とう方は、遠慮無くエステティシャンにご相談ください。
光を照射するための出力を弱めたり、皮膚をしっかりと冷却してから施術することによって痛みを感じにくくする配慮をきちんと行なってくれます。
様子を見ながら調整をしてくれますので、どうぞ安心して施術を受けてください。

 

脱毛サロンでは施術後のケアもきちんと対応してくれますので肌トラブルが起こりにくいと言われています。
自己処理とは比べ物にならないくらいキレイな仕上がりになることが期待できますので、是非ご検討ください。

 

医療レーザー

美容外科クリニックや美容皮膚科ではレーザーでVラインの脱毛をしていきます。永久脱毛の効果はかなり高いのですが、パワーが強い分、痛みも強くなります。バチッ、バチッと1照射ずつ進めていきますが、かなり痛い時は早めに言ってパワーを下げてもらいましょう。ゆっくりのペースに落としてくれたり、休みながらできる限りのフォローをしてくれる優しいスタッフさんがほとんどです。肌が焼けるようなにおいとかなり強くはじかれる感覚がレーザー脱毛の特徴です。

 

ミュゼのVライン脱毛ってどう?デリケートゾーン(ハイジニーナ、VIO)脱毛専用コースに注目

@ハイジニーナ7コース

 

AVライン美容脱毛完了コース

 

Vラインだけを脱毛できるコスパが高い人気のコースです。ほかのIOラインの脱毛はとりあえずいいから、ビキニラインだけを集中的にきれいに脱毛したいという女性におすすめです。

 

 

Vラインの脱毛ではコースの回数が終了後にもう少し、量を減らしたい、毛を減らしたいという場合は、別料金でVIO脱毛をしてくれます。
また、どんな形にするかというのもお店でスタッフさんと確認しながら決めていけるので、自分の考えが変わってもう少しああしたい、こうしたいと希望が変わってもできる範囲内でなら柔軟に対応してくれます。

 

ミュゼプラチナム

 

ハイジニーナ脱毛って?

最近、脱毛などに関して調べていると、よく目にするようになったのが「ハイジニーナ」というワード。
ハイジニーナと言うのは、もともとアンダーヘアがまったくない状態のことを言います。
海外セレブの間では、アンダーヘアをすべて処理するのが常識。
最近では、日本でもモデルさんやタレントさんでも、ハイジニーナ脱毛をしている人が増えています。
その影響もあって、ここ数年でハイジニーナと言うのは一般的になってきているんですね。

 

そのハイジニーナ脱毛をいち早くメニューに取り入れたのが、脱毛専門サロンミュゼ・プラチナムです。

 

ハイジニーナ脱毛は、vライン、Iライン、Oライン、トライアングル上・下の5ヶ所にパーツが分かれています。
ですから、トライアングルだけ残す、Iラインだけ脱毛したい、なんて言うのも可能です。
また、トライアングルも上下に分けて脱毛出来るので、デザイン性のある脱毛も出来ちゃいます。

 

だけど、デリケートゾーンを脱毛するとなると、痛みが不安という方も多いと思います。
その点でも、ミュゼ・プラチナムのハイジニーナ脱毛は合格。

 

ミュゼ・プラチナムでは、最新のS.S.C.方式という脱毛方法を取り入れています。
この脱毛方法は、光を照射する前にジェルを塗るので、肌への負担がとても少ないんです。
だから、もっともデリケートな部分になるVIOラインも、痛みを気にすることなく脱毛することが出来るんです。
ミュゼ・プラチナムでは、vラインの脱毛体験コースがあるので、一度試してみたいという方は、気軽にハイジニーナを体験することも出来ます。

 

ジェルを塗らないので、ひんやり感が苦手な女性でも大丈夫です。

 

無料カウンセリングを利用する

事前に気になる点を解消したいという人は無料で相談できます。いろいろと脱毛の気になる点、知りたいところをはじめに確認できるので安心です。特にミュゼは、いきなり体験ではなく話だけということも可能です。また、混雑状況など、店舗に行ってみないとわからないことも自分の目で見て堪忍しておきましょう。
カウンセリングの予約はWEBでしたほうが割引がありお得です。お店の業務をスムーズに進めるために、ネット予約が無料カウンセリングには好まれます。

 

具体的にVラインの脱毛範囲なども図を見ながら説明を受けられるので、ネットで調べるよりもわかりやすいです。ミュゼでは事前に範囲を確認するためのプレートが用意されているので、確認するのも簡単です。実際、下着を取って当ててみるというカウンセリングの時にしっかりチェックする猛者もいるそうですが、恥ずかしければスカートの上、下着の上、パンツの上から他当ててみるだけでも、おおまかなところはわかります。
細かいところは、実際の施術を受ける時に見ればいいでしょう。
事前に説明もあると思いますが、無料カウンセリングの時にわからなかった、毛の生えている範囲なども、思ったより広かったという場合も追加料金で対応できるので、神経質になる必要はありません。
途中で辞めたい!という場合は返金はないところがほとんど。事前に月額性でも退会時の返金の仕組みは確認しておきましょう。

アンダーヘアの脱毛は自己処理できる?

Vラインの脱毛を行う場合は自己処理することも可能です。昔の女性は線香で焼き切るという方法で処理をしていたほどです。
主な処理方法はいくつかあります。

 

カミソリ・電気シェーバー
他の方法としては安全カミソリや電気シェーバーで剃る。シェービングは、肌がとくに荒れやすい。
毛抜き
毛抜きで一本ずつ抜くという方法もあります。埋没毛になったりケアが開いて肌が凸凹になることも。
ただこれらの方法ではあまり仕上がりが良くありません。

 

ワックス
除毛用ワックスを使って処理するという方法の場合はとても仕上がりがキレイに見えますが、皮膚が弱い部分でもあるため肌トラブルを引き起こす可能性が高いといえます。カミソリ負けしてしまい、赤く傷んでしまうとお風呂に入るのも一苦労。暑い夏場に自分でVIO処理する人は失敗するといろいろと大変です。

 

埋没毛

このようにセルフ処理をする方法としては色々考えられますが、手軽に脱毛できるというメリットがある一方で、仕上がりが良くなくて肌トラブルを起こす可能性が非常に高いというデメリットを考慮しなくてはいけません。自分で抜いていると、埋没毛になってしまい、いつも毛が見えるのに伸びてこないために黒い点々になって見えている、という美しくない状態になります。このせいで肌がくすんで見えてしまうこともあり、無理に抜こうとすると奥にある毛をピンセットで無理やり抜くしかないので、さらに肌を痛めてしまい、二重で肌にとってマイナスになります。

 

あくまでも自己責任で処理しなくてはいけませんが、もしも肌トラブルが起こるとなかなか厄介なので注意する必要があります。お手入れは毎日しなくてはいけないのでこれもかなり面倒くさいです。毎日やってられないというのが本音です。

 

自己処理ではあまり良い脱毛効果が期待できないので、もっとキレイに仕上がって安心して処理できる方法として考えられるのがプロのエステティシャンに脱毛エステで施術をしてもらうという方法です。
「知らない人にあんなところを見られるなんて恥ずかしくて無理!」と思う方も多いのですが、実際に処理を行なってもらうと羞耻心も忘れてしまうほどに良かったという感想を持つ方が多いのです。
費用も以前よりずっと利用しやすい価格で抑えられていますので安心できます。

 

Vラインの脱毛は自己処理をするよりもずっと安全性の高い脱毛エステの方がおすすめです。全てしたいと、つるつるのパイパンにしてしまうのも楽ですが、この日本では男性受けはちょっと・・・小奇麗にお手入れされたナチュラルな感じのほうが健康的でプラスに受け取られることのほうが多いです。はみ出さないように最小限の脱毛でも効果的です。ツルツルにしたいときはレーザーでしっかり脱毛するのがいいでしょう。

 

vライン脱毛を自己処理することのメリット・デメリット

Vラインのセルフ脱毛、失敗しない注意点。

 

http://vライン永久脱毛なび.com/