脱毛エステは、本当にたくさんの数があります。個人経営もあれば、大手もあります。特に全国展開しているようなところにありがちですが、ネット、テレビ、雑誌と十分すぎるぐらいの情報を流しています。消費者としては、情報を集めるよりも、その中から本当に必要なものを取捨選択する方に大変でしょう。しかもエステの世界は、一時悪徳商法も盛んで、社会問題にもなりました。「ほかの業種よりも、情報の信頼度が低い」というのは...

わざわざよそに何度も足を運び、ひょっとしたら見せたくはないような体の恥ずかしい部分も他人に見せ、当然少なくはないお金も払い……までして、脱毛をしたからには、この先二度とむだ毛処理の手間をかけなくていい、と期待しているでしょう。が、ちょっと要注意です。永久脱毛が完成しているかどうか、検討してみる必要があります。最も心配があるのが、最も普及している光脱毛です。「フラッシュ脱毛」やら「IPL脱毛」やら、...

「脱毛したい部位」というアンケートを実施すると、決まって一位は「両ワキ」。二位が「Vライン」なんだそうです。あとは「ひざ下」が続く感じでしょうか。不思議はないように思います。ワキのむだ毛はとても太くて、濃い上に、ノースリーブでなく半そででも見えてしまうことがありますから。Vラインは脚の付け根で、前部分。ビキニパンツを履いたら隠れるかどうかのところです。水着姿や下着姿になったら、問題になる部分です。...

ネット広告やテレビCM、雑誌の広告など、脱毛エステの宣伝は目にしないことの方が難しいぐらいでしょう。脱毛エステは、ちょっと乱立気味で競争が激しく、あの手この手で、お客を呼び込もうと必死なのです。そういった手段のひとつが、脱毛エステが用意している各種のキャンペーンでしょう。とんでもない格安料金もあって、素人目にもどう見ても赤字です。もちろん、これは最初のきっかけであって、正規料金のコースまで進んでく...

今、最も一般的な脱毛というと、「エステサロンの脱毛コースか、脱毛サロンに行って、光脱毛を受ける」ということになるでしょう。が、これ以外に「美容系の医療機関に行って、レーザー脱毛を受ける」というのがあります。使用する機器は医療用に開発されたもので、医療機関しか使用できないのです。この医療機関は多くの場合、「クリニック」や「美容外科」といった名前になっているでしょう。これら以外にはニードル脱毛もありま...

いくら自分のほうで、脱毛サロンに施術をお願いしたくても、断られることがあります。日焼けしすぎている場合です。その理由は脱毛サロンで一般的な光脱毛の仕組みを考えれば納得がいくでしょう。光脱毛では、皮膚の上から光を照射します。この光は皮膚の表面をすり抜け、毛根や毛母細胞にあるメラニン色素に受け止められます。そして、光のエネルギーが熱に変わるわけです。これができるのは、メラニン色素の色が濃いからです。が...

今の時代に脱毛をするとすれば、まず最初に検討するのは「光脱毛」ということになるでしょう。エステサロンの脱毛コースや、脱毛エステでは大半が採用しています。比較の対象となるのは、美容系の医療機関が採用しているレーザー脱毛でしょう。どちらも光のエネルギーで毛根や毛母細胞を焼いていく方法です。が、使う光の種類が違います。レーザー脱毛のほうがより特殊な光を使い、脱毛の効果も強力です。ただし、レーザー機器は元...

脱毛の種類は最も大きく分けると三つになります。それぞれに特徴があり、また、施術を受けられる場所も違います。どれを選ぶかは、自分自身になるでしょう。エステサロンや美容系の医療機関のカウンセリングにいって、説明を求めるにしても、基本的なことぐらいは先に押さえておきましょう。まずは「ニードル脱毛」です。「針脱毛」「電気針脱毛」などの別名があります。先端に熱が発生する細い金属棒を毛穴ひとつずつに当てていき...

「脱毛をしたい部位」といったアンケートで必ず上位に入るのが、このVラインです。「両ワキ」「ヒザ下」の次ぐらいになるでしょう。よく知らない人のためにいうと、股間(こかん)の前部のちょうど下着で隠れるかどうかぐらいのところをいいます。水着姿になれば、特に問題になるところでしょう。毛抜きやカミソリの処理も難しい面があります。カミソリ手元が狂いがちで、傷にしてしまうことも多いでしょう。毛抜きだと、一本一本...

Vラインの脱毛を自己処理する場合のメリットとデメリットについて確認してみましょう。メリット自己処理を行う場合は恥ずかしさを感じることなく処理することができるというのが一番のメリットです。カミソリや毛抜き、脱毛ワックスなどを使って気軽に処理できるのが良いと考える方も多いと思います。デメリットただそれ以上にデメリットが多いのが考えものです。自己処理を続けていると次第に毛穴の黒ずみが目立つようになったり...

やっぱり恥ずかしい?脱毛サロなのでンでVラインの処理を行うと安全性も高くキレイに仕上がるのでやってみたい!という興味があるものの、どうしても恥ずかしいという気持ちが強くてなかなか足を踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。実際に脱毛サロンでVライン脱毛を行った経験をお持ちの方の大半は、最初は恥ずかしさを感じていたという方が多いです。「恥ずかしい」という気持ちは誰でも抱く感情でもありますが、...

脱毛サロンでVラインの脱毛処理を行う場合は、OラインやIラインも一緒に処理した方が良いという意見もあります。女性にとってVラインの処理をするということは下着や水着から毛がはみ出したりすることがないようにという目的で処理している方が多いと思います。そのため本来であればIラインやOラインについては隠れている部分でもあるため処理する必要はないのではないかと考える方もいらっしゃるかと思います。しかし、いざ...

Vラインの毛を処理する際にはどんな形に整えるのか迷ってしまうという方も多いと思います。そこで今流行りのVラインの形を参考にして、どんな形にするのが良いのか考えてみましょう。逆三角形型最もスタンダードで不動の人気を誇るのが逆三角形型です。ビキニラインに沿った形で、自然に見えて違和感を感じないことから逆三角形を選ぶ方が多いそうです。男性からもこの形が一番人気となっているようです。長方形型小さめの下着を...

「ほかの部位ではなく、VIOラインの脱毛だから」ということで、特に気をつけなければいけないことがいくつかあります。「皮膚の弱い部位なので、しっかりとしたスキルを持ったエステサロン・脱毛サロンを選ばなければいけない」というのはその代表でしょう。・わざと一部を残すことが多いVラインまた、このVIOの中でも、Vラインだけに必要な注意としては、「どのようなデザインにするか決め、それをちゃんと担当者にわかっ...

VIO脱毛をするお店を選ぶとき、ほかの部位の脱毛と同じようにチェクしなければいけない点と、VIO脱毛だからこそ気にしないといけない点の両方があります。もし、「まだ脱毛について考え始めたばかり。どう比較していいかわからない」というのであれば、まずはミュゼプラチナム(ミュゼ)を基準にしてみましょう。なんといっても人気店です。お店も全国にあります。最も無難な選択です。そうやって考えていって、自分なりのこ...

「カミソリは角質層を削るからダメ」「毛抜きは毛穴を痛めるのでもっとダメ」「熱線式のムダ毛処理器は下手するとヤケドする」「そもそもしっかり自分で見られないし、手も届きにくいので、自己処理は難しい」......となるのが、Vライン・Iライン・Oラインのムダ毛の自己処理です。「ならば」と、脱毛クリーム(除毛クリーム)に注目する人も多いでしょう。VIOラインに使う場合の、脱毛クリームの選び方を考えてみます...

Vラインの脱毛を行う場合は自己処理することも可能です。昔の女性は線香で焼き切るという方法で処理をしていたほどです。主な処理方法はいくつかあります。カミソリ・電気シェーバー他の方法としては安全カミソリや電気シェーバーで剃る。シェービングは、肌がとくに荒れやすい。毛抜き毛抜きで一本ずつ抜くという方法もあります。埋没毛になったりケアが開いて肌が凸凹になることも。ただこれらの方法ではあまり仕上がりが良くあ...