Vラインの脱毛について(ハイジニーナ脱毛)

 

 

「脱毛をしたい部位」といったアンケートで必ず上位に入るのが、このVラインです。「両ワキ」「ヒザ下」の次ぐらいになるでしょう。

 

よく知らない人のためにいうと、股間(こかん)の前部のちょうど下着で隠れるかどうかぐらいのところをいいます。

 

水着姿になれば、特に問題になるところでしょう。

 

毛抜きやカミソリの処理も難しい面があります。カミソリ手元が狂いがちで、傷にしてしまうことも多いでしょう。毛抜きだと、一本一本が太いので、毛穴の負担も大きくなりがちです。

 

湿気もたまりやすく不衛生にもなりがちです。ちょっとした傷からでも、お肌がひどいことになりそうです。

 

ここを脱毛しておけば、急に海にいくことになったとか、旅行にいくとなった時に慌てなくていいでしょう。

 

で、特にVラインの脱毛だからと問題になるのが、「どのくらい残すか」です。両ワキなどならば「全部なくす」で迷わないでしょう。また、欧米人はVラインでもそれが一般的になっているようです。また、中にはハート形や星形にする人もいるのだとか。

 

が、日本人女性の場合、「少なくして、かつ残った部分が不自然にならないように」と考える人が多いようです。

 

こういったことがありますので、カウンセリングの時に、しっかりと希望を伝えておく必要があります。

 

中には、「いくら脱毛のためとはいえ、赤の他人にそんなところは見せたくない」という人もいるようです。が、実際に施術を受けてみると、「淡々と終わった。心配しすぎだった」となることが多いようです。

 

≫≫VIO脱毛で人気のクリニック、エステランキングはこちら