vライン脱毛は紙ショーツに履き替えて施術。恥ずかしいのもはじめだけ。

やっぱり恥ずかしい?

脱毛サロなのでンでVラインの処理を行うと安全性も高くキレイに仕上がるのでやってみたい!という興味があるものの、どうしても恥ずかしいという気持ちが強くてなかなか足を踏み出せないという方も多いのではないでしょうか。

 

実際に脱毛サロンでVライン脱毛を行った経験をお持ちの方の大半は、最初は恥ずかしさを感じていたという方が多いです。
「恥ずかしい」という気持ちは誰でも抱く感情でもありますが、実際に処理を受けてみると「意外と平気だった!」という印象を持つ方が多いようです。

 

実際の脱毛の現場

そこで、実際にはどのようにして処理を行うものなのか確認をしてみましょう。

 

脱毛サロンによって対応が異なる場合もありますが、まず最初にカウンセリングを行なってお客様の不安を取り除くようにしっかりと対応してくれます。
不安に感じていることなどは遠慮なくご質問いただき、安心して施術に臨んでいただくことができます。

 

施術を行う前には使い捨ての紙のショーツ(紙パンツ)を着用する場合が多いです。

 

施術の邪魔にならない位置にタオルなどをかけながら施術をしてくれますので、全部下半身をさらけ出して脱いだ状態で施術を受けることは少ないです。

 

使い捨てなのでいつも新品の紙パンツをはくわけで、衛生面でもプラスです。慣れてしまえば同じ女性同士なので気にならなくなります。

 

あらかじめどんな形にしたいのか打ち合わせをしてから処理するため、変に緊張することもなく、リラックスしながら施術を受けられます。

 

エステティシャンもプロですから、「恥ずかしい場所」ということをあまり気にせずに、淡々と進めてくれます。たくさんの女性が同じように恥ずかしく思っている!ということを分かってくれているので、変に気を使う必要はありません。

 

脱毛サロンでVライン脱毛をする際に最初は恥ずかしい気持ちが強いかもしれませんが、それ以上に安心して施術を受けることができます。