ミュゼのvio脱毛はなぜ人気なのか?主な脱毛方法と実際の流れ

VIO脱毛をするお店を選ぶとき、ほかの部位の脱毛と同じようにチェクしなければいけない点と、VIO脱毛だからこそ気にしないといけない点の両方があります。

 

もし、「まだ脱毛について考え始めたばかり。どう比較していいかわからない」というのであれば、まずはミュゼプラチナム(ミュゼ)を基準にしてみましょう。

 

なんといっても人気店です。お店も全国にあります。最も無難な選択です。

 

そうやって考えていって、自分なりのこだわりがあるようならば、ほかのお店を選べばいいのです。

 

・ミュゼの脱毛方法

 

ほかの多くのエステサロン・脱毛サロンと同じく、ミュゼでも光脱毛が採用されています。

 

お店の方では、「S.S.C.脱毛(スムース・スキン・コントロール脱毛)」と呼んでいます。

 

使っている機種や脱毛の手順の特徴としては、

 

1.発光部にはクリプトンランプを使っている
2.光照射前にはお肌保護のジェルを塗る

 

です。

 

光脱毛の機器の発光部で最も一般的なのはキセノンランプです。カメラのフラッシュにも使われています。

 

一方、クリプトンランプは白熱球の一種です。ミュゼなどこの機器を採用しているお店では、「よりお肌に優しい」としています。

 

ジェルを使わないところも多いです。この場合は、「ジェルが不要なぐらいお肌に優しい光照射」としていることが多いようです。

 

一方、ジェルを使う場合、「お肌の保護だけではなく、発毛機能を抑える成分を加え、いっそう脱毛効果を高める。美肌成分も加えてあるので、脱毛後はさらにツルツル・スベスベのお肌になる」とアピールしています。

 

ミュゼの場合も、様々な効果を狙って、有効成分がたっぷりと含まれているジェルを使っています。

 

VIO脱毛の場合、脱毛部分の皮膚が粘膜質で、特に弱いです。なので、お肌への負担が大きいことは大事です。

 

ただ、「キセノンランプとクリプトンランプのどちらがいいのか」「ジェルは必要か、不要か」はなかなか簡単に答えが出せることではありません。

 

また、効果の出方には個人差があります。同じ機器、同じ方法で脱毛しても、その人の肌質・毛質とそれらとの相性によって、差がでます。

 

ですから、比較するお店同士の説明を十分に聞いて、より納得できる方を選べばいいでしょう。

 

ほかの部位であれば、体験コース(トライアルコース)もよく用意されているのですが、VIOではまずはありません。

 

それでも参考にはなりますので、実際に両ワキなどの体験コースに行ってみて、実際の光照射を受けてみてから、結論を出してもいいでしょう。

 

・ミュゼの場合の脱毛の流れ

 

まずは予約を取ります。といっても、いきなり施術ではなく、カウンセリングです。

 

ここで脱毛やムダ毛にかんする基本、ミュゼでの脱毛方法、料金システムなどの説明があります。

 

また、肌質・毛質もチェックします。これがないと、「どのくらい効果が出そうか」「施術回数は何回ぐらいになりそうか」が予測できません。

 

このカウンセリングは無料です。また、お店によってはそこで強力に契約を迫るところもありますが、ミュゼは大丈夫です。そういった悪評もありませんので、気楽に行ってみましょう。

 

その場で返事をする必要はまったくありません。いったん家に帰って、カウンセリングの内容を検討してから、契約する・しないの結論を出せばいいのです。

 

・ミュゼがおすすめな理由

 

ミュゼがおすすめできる理由はいくつもあります。

 

お肌に優しい脱毛方法を採用していること、料金が安いこと、お店が多く通いやすいことなどなどです。

 

もうひとつ見落としてはいけないのが、「情報が多い」です。

 

エステサロンはいくらホームページなどで、「お肌に優しい」「優秀な担当者がそろっています」「強引な勧誘はいたしません」「追加料金は一切なし」「予約が取りやすい」となっていても、そのとおりではないことも多いのです。

 

ですから、ネット上の口コミなどで、実際に通ったことのある人の話をチェックすることが欠かせません。

 

経営規模が小さく、お店の数が少ないところでも、内容のいいところはたくさんあるはずです。ですが、なかなか情報が少なく、確認しようがありません。

 

ミュゼであれば、店舗数・利用者とも業界最大級です。体験談も十分に見つかり、評判をチェックすることができます。