知っておきたいvio脱毛クリームの成分と選び方について

「カミソリは角質層を削るからダメ」「毛抜きは毛穴を痛めるのでもっとダメ」「熱線式のムダ毛処理器は下手するとヤケドする」「そもそもしっかり自分で見られないし、手も届きにくいので、自己処理は難しい」......

 

となるのが、Vライン・Iライン・Oラインのムダ毛の自己処理です。

 

「ならば」と、脱毛クリーム(除毛クリーム)に注目する人も多いでしょう。

 

VIOラインに使う場合の、脱毛クリームの選び方を考えてみます。

 

・脱毛クリームの仕組み

 

脱毛クリームの多くに、主要な成分としてチオグリコール酸カルシウムが入っています。

 

これは強力なアルカリ性で、ムダ毛に含まれるたんぱく質を溶かします。塗ってからしばらくたつと、スルリとムダ毛が抜けてくるのはこの効果です。

 

問題は、お肌も主要な成分がたんぱく質であることです。全く影響しないというわけにはいきません。

 

脱毛クリームの仕組み、このチオグリコール酸カルシウムの量が多いか少ないか、ほかの成分にどのようなものが入っているかです。

 

ほかの成分としては、美肌効果のあるものを入れることが多いです。そうやって、チオグリコール酸カルシウムをカバーするようにしています。

 

ヒアルロン酸などの保水成分、「制毛(生えてこなくなる)効果がある」とする豆乳やパイナップルを配合した製品などが人気を集めています。

 

ただし、「これらほかの成分にはあまり大きな期待をしないほうがいい」というのが正直なところです。というのは、脱毛クリームはほんの数分で流してしまいます。

 

せっかくの美肌成分も効果を発揮する時間がありません。

 

・VIOラインの場合は専用のものを

 

もし、一般的な脱毛クリームをVIOラインに使ったとしたら、刺激が強すぎます。いっぺんにお肌にトラブルを起こすでしょう。

 

ですから、もし使うとしたら、VIOライン専用に工夫されたものです。

 

その工夫とは、「効果はいくらか犠牲になっても、お肌への刺激が少ない成分配合になっている」が代表的なものです。

 

「塗りやすい。あるいは、塗った後、周辺に流れにくい」というのもよくあります。

 

というのは、IラインやOラインの中心部は全くの粘膜です。こういったところにもムダ毛が生えていることはありますが、そこまで除毛クリームを塗らない方がいいのです。

 

なので、間違って、そういったところまでクリームがいかないようにしているのです。

 

・使用方法はきっちりと守る

 

「もっと効果を発揮してほしいから」といって、塗る量を増やしたり、長い時間放置してはいけません。

 

はっきりいって、どの製品の使用方法も「ダメージがないギリギリの量と時間が指定されている」といったところなのです。

 

また、1回でもトラブルが出たら、使用は当分控えるか、もうやめてしまうかしましょう。

 

「最初は大丈夫でも、小さいダメージが蓄積し、その結果とうとうトラブルが出てきた」ということも考えられるのです。

 

こうなると、カミソリはもちろんのこと、比較的刺激の弱い熱線式のムダ毛処理器や、VIO専用の電気シェーバーなどでも簡単にトラブルになります。

 

光脱毛やレーザー脱毛による光照射も同様です。

 

 

確かに、脱毛クリームはお手軽です。ですが、いったんトラブルが出ると、一番厄介なのも覚えておきましょう。

 

本当は、脱毛クリームに頼る前に、光脱毛やレーザー脱毛を選んでおくのがおすすめです。