脱毛エステに通う前の事前処置でやった方が良いことは?

脱毛エステに通ったことがないと事前にどのような処置をすれば良いのかわかりませんよね。
エステティシャンから指示がある場合が多いですが、事前処置について確認できれば施術も安心して受けられそうです。

 

・脱毛エステ前の自己処理はどこまで必要?

 

脱毛エステに行くのに自己処理が必要ということに驚く人もいるそうですが、これは使用する機械の特性によるものです。
多くの脱毛エステで採用されている光脱毛では、長いムダ毛の施術が行えません。
そのため、事前処理として数ミリ残した状態まで剃っておく必要があります。
ムダ毛を残す長さについては脱毛エステで使う機械にもよるので、きちんと確認しておきましょう。
電気シェーバーで処理すれば肌を傷めにくく、残すムダ毛の長さも調節しやすいはずです。
事前処置用にシェーバーを購入するのも良いかもしれませんね。

 

・事前処置を忘れたら脱毛してもらえない?

 

ついウッカリしていて事前処置を忘れてしまった場合、エステによっては当日の施術が行えないこともあります。
その場でエステティシャンが処理してくれることもありますが、肌トラブルの可能性はゼロではありません。
ただし、脱毛箇所によっては自分での処理が難しいこともあるので、エステティシャンにお任せできる場合もあります。
全身脱毛を行う際には、事前処置が必要な部位とそうでない部位を聞いておくと良いですね。
無理に剃ろうとして肌を傷つけてしまっても施術できなくなるので気をつけましょう。
安全に脱毛の施術を受けるためには、事前処置が必要です。
剃り忘れや剃り残しのないように注意してくださいね。

 

・事前処置を行う時の注意点

 

事前処置を行わず、ムダ毛が伸びた状態で光脱毛をすると火傷の恐れがあります。
そうした場合はスタッフが処理してくれるでしょうが、なぜ事前処置が必要なのか理解するためにも知っておいた方が良いでしょう。
事前処置は毛を抜くのではなく剃って短くすることが目的なので、毛抜きやワックスは厳禁です。
抜いてしまうと毛周期が乱れて脱毛完了までに時間がかかることもあります。
ムダ毛の処置以外に、前日、当日に気をつける点としては日焼けや肌の乾燥を避けることが挙げられます。
自己処理で肌に赤みが出る人は、前日ではなく少し早めに事前処置しておくと安心ですね。

 

脱毛エステに通う際に必要な事前処置は、スムーズに施術するためでもあります。
剃り残しなどで肌トラブルのリスクを増やさないためにも、事前処置は忘れないようにしましょう。