脱毛の種類はいろいろある

脱毛の種類は最も大きく分けると三つになります。

 

それぞれに特徴があり、また、施術を受けられる場所も違います。どれを選ぶかは、自分自身になるでしょう。エステサロンや美容系の医療機関のカウンセリングにいって、説明を求めるにしても、基本的なことぐらいは先に押さえておきましょう。

 

まずは「ニードル脱毛」です。「針脱毛」「電気針脱毛」などの別名があります。

 

先端に熱が発生する細い金属棒を毛穴ひとつずつに当てていきます。メリットとしては、「脱毛効果が絶大」なこと。デメリットとしては、「痛みが強い」、「担当者に熟練が必要」、「料金が高い」などがあります。

 

かつては、エステサロンでも美容系の医療機関でも、この方法しかありませんでした。今は、一部のところに残っているだけです。

 

次に「レーザー脱毛」。使う機器は医療用に開発されたもので、エステサロンでは使用が許可されていません。従って、必ず美容系の医療機関に行く必要があります。

 

メリットは「ニードル脱毛に次いで効果が高い」ことでしょう。

 

また、痛みに関してはかなり軽減され、料金も安くなりました。が、あくまでニードル脱毛に比べての話です。この2つの点に関しては、光脱毛には及びません。

 

光脱毛はエステサロンや脱毛エステで主流となっています。また、美容系医療機関でも併用しているところがあります。

 

料金が安い、痛みが少ないなどのメリットで、どんどん普及しています。が、唯一の欠点が、「脱毛効果の不確かさ」です。実際には問題にならないことが多いのですが、10年20年後にはムダ毛が再生する可能性を残しています。

 

≫≫VIO脱毛で人気のクリニック、エステランキングはこちら