vライン 自己処理

MENU

Vラインの脱毛を自己処理する場合のメリットとデメリットについて確認してみましょう。

 

自己処理を行う場合は恥ずかしさを感じることなく処理することができるというのが一番のメリットです。
カミソリや毛抜き、脱毛ワックスなどを使って気軽に処理できるのが良いと考える方も多いと思います。
ただそれ以上にデメリットが多いのが考えものです。
自己処理を続けていると次第に毛穴の黒ずみが目立つようになったり、かゆみを伴ったりと肌トラブルが起こりやすいのです。
カミソリやワックスで処理するということはむだ毛と一緒に皮膚も少なからず削り取っていることになります。
一時的にツルツルの状態になったように感じられても、またすぐに伸びてくるのでチクチクとした感触になるため短期間で何度も処理を繰り返す必要があります。
ダメージを受けることでバリア機能が失われてしまうためかゆみや炎症などのトラブルを引き起こしやすくなるのです。
毛抜きを使用する場合は無理やり引きぬく行為を繰り返しているわけですから、毛穴が開いたままの状態になっているので雑菌が入り込みやすい状況になっていますのでトラブルの原因になりかねないのです。

 

このようにVラインの脱毛を自己処理で行う場合は、ただでさえデリケートな部分の皮膚に大きなダメージを与えかねない行為にもなります。
ひどくなると色素沈着を起こしてしまい、いつまでたっても黒ずみが消えないためかえって汚らしい印象を与えてしまいかねませんので注意が必要です。

 

VIOラインをセルフ脱毛するのはデメリットが多い?