アンダーヘアの脱毛は自己処理できる?

Vラインの脱毛を行う場合は自己処理することも可能です。昔の女性は線香で焼き切るという方法で処理をしていたほどです。
主な処理方法はいくつかあります。

 

カミソリ・電気シェーバー
他の方法としては安全カミソリや電気シェーバーで剃る。シェービングは、肌がとくに荒れやすい。
毛抜き
毛抜きで一本ずつ抜くという方法もあります。埋没毛になったりケアが開いて肌が凸凹になることも。
ただこれらの方法ではあまり仕上がりが良くありません。

 

ワックス
除毛用ワックスを使って処理するという方法の場合はとても仕上がりがキレイに見えますが、皮膚が弱い部分でもあるため肌トラブルを引き起こす可能性が高いといえます。カミソリ負けしてしまい、赤く傷んでしまうとお風呂に入るのも一苦労。暑い夏場に自分でVIO処理する人は失敗するといろいろと大変です。

 

埋没毛

このようにセルフ処理をする方法としては色々考えられますが、手軽に脱毛できるというメリットがある一方で、仕上がりが良くなくて肌トラブルを起こす可能性が非常に高いというデメリットを考慮しなくてはいけません。自分で抜いていると、埋没毛になってしまい、いつも毛が見えるのに伸びてこないために黒い点々になって見えている、という美しくない状態になります。このせいで肌がくすんで見えてしまうこともあり、無理に抜こうとすると奥にある毛をピンセットで無理やり抜くしかないので、さらに肌を痛めてしまい、二重で肌にとってマイナスになります。

 

あくまでも自己責任で処理しなくてはいけませんが、もしも肌トラブルが起こるとなかなか厄介なので注意する必要があります。お手入れは毎日しなくてはいけないのでこれもかなり面倒くさいです。毎日やってられないというのが本音です。

 

自己処理ではあまり良い脱毛効果が期待できないので、もっとキレイに仕上がって安心して処理できる方法として考えられるのがプロのエステティシャンに脱毛エステで施術をしてもらうという方法です。
「知らない人にあんなところを見られるなんて恥ずかしくて無理!」と思う方も多いのですが、実際に処理を行なってもらうと羞耻心も忘れてしまうほどに良かったという感想を持つ方が多いのです。
費用も以前よりずっと利用しやすい価格で抑えられていますので安心できます。

 

Vラインの脱毛は自己処理をするよりもずっと安全性の高い脱毛エステの方がおすすめです。全てしたいと、つるつるのパイパンにしてしまうのも楽ですが、この日本では男性受けはちょっと・・・小奇麗にお手入れされたナチュラルな感じのほうが健康的でプラスに受け取られることのほうが多いです。はみ出さないように最小限の脱毛でも効果的です。ツルツルにしたいときはレーザーでしっかり脱毛するのがいいでしょう。

 

vライン脱毛を自己処理することのメリット・デメリット

Vラインのセルフ脱毛、失敗しない注意点。